ライフスタイル

おうち時間のぷち贅沢。朝と昼食後においしいコーヒーが家で飲めちゃう

オリガミ

こんにちは。まさたろーです。

まだまだおうち時間が長くなりそうですね。

少し暖かい日が続きますが、朝晩は寒く温かいコーヒーが飲みたくなるものです。

そんんおうち時間が快適になるおすすめのスターバックスで購入できる商品を紹介します。

 [temp id=3]

香り豊かなパーソナルドリップコーヒー「STARBUCKS ORIGAMI®」

スターバックスオリガミ 380〜800円(税抜き)

コーヒーチェーンの最大手スターバックスはおうちでもスターバックスのコーヒーが楽しめるよう抽出器具やコーヒー豆など様々な商品が用意されています。

そのなかで私がおすすめするのは「スターバックスオリガミ」。

オリガミは”最適な豆の挽き具合や分量を徹底的に追求し、香り豊かなコーヒーを特別な器具を使うことなく手軽に味わえる”ドリップタイプの商品です。

実際にスターバックス以外でも様々なドリップパックのコーヒーを試してみた私がおすすめの点を踏まえてレビューしていきます。

STARBUCKS ORIGAMIについて

スターバックスオリガミは2013年に発売が開始されました。

米国スターバックス担当者が日本のドリップタイプのコーヒーに出会ったことからプロジェクトがはじまったものです。

ドリップタイプの緻密なデザインや一杯ずつコーヒーを包む方法に日本の「折り紙」を重ね合わせ、プロジェクトネームを「ORIGAMI」と名づけたそうです。 

私も知らなかったのですが、この商品は日本から着想を得ているため、日本限定の発売になっているそうです。

私自身、海外に旅行に行った際はスターバックスにもよく訪れますが見たことない気がします。

現在のラインナップは4種類

・ライトノートブレンド
特徴はココアや炒ったナッツやがほのかに香る、軽めのコクにほどよい酸味
BLONDEローストと言ってスターバックスで1番浅煎りのコーヒーになります。
コクが軽いので飲みやすい印象です。

・パイクプレイスロースト
特徴はカカオや炒ったナッツのようなほのかな香ばしさに、やわらかな酸味をあわせ持ち、丸みをおびた口あたりとなめらかな後味
これはMEDIUMローストで中間にあたります。コクと酸味のバランスがとれたものでこちらも飲みやすいと思います。
またパイクプレイスとはスターバックス発祥の地でありその名を冠したものになっています。

・カフェベロナ
特徴はローストの深みや甘みです。ダークココアのような口あたり、ロースト感のある深みや甘みと、しっかりとしたコクの奥行きのある豊かなブレンドになっています。
DARKローストと言って一番深煎りのものなので少し苦いと感じる人がいるかもしれませんがこの苦味がコクを生み出しています。ミルクやチョコレートと相性がよく、ぜひ試して欲しいです。

・ディカフェ ハウスブレンド
特徴はナッツやココアの味わいです。スターバックスローストによって引き出された香りやコクなど、すべてのバランスがよいコーヒーです。
ディカフェなのでカフェインが97%ほど除去されており、妊婦の方にも飲んでいただけると思います。店頭でディカフェのドリップコーヒーを注文すると待つことが多いので家ですぐに、手軽に飲めるのはありがたいです。

手軽で楽ちん。家でおいしいコーヒーがすぐに飲める

必要なのはお湯、マグカップ、オリガミの3つだけです。

まずはオリガミを袋から取り出します

開くのもとっても簡単で❶の上の部分がくっついているので剥がすだけ。
※剥がす際は丁寧にやってください!思いっきり開けてしまうと豆が飛び散って掃除もメンタルの整理も大変になります。

あとは❷を押すだけでドリップパックの形が完成します。

豆の引き具合が絶妙です。

荒すぎず、細かすぎず。おいしい理由がわかります。

あとはカップにつけて上からお湯を注ぐだけ。
※お湯を注いでからは20〜30秒ほどむらすとおいしいコーヒーがおとせます。

今回は量がわかりやすいように計量カップで抽出しました。

ちょっとダサいから恥ずかしいですが皆さんがわかりやすくなるのであれば全て良し○!

最終的にはこうなりました。できあがりの目安量は140mlです。今回は完璧におとせました。

オリガミのパック裏面にはひとつひとつにおいしいいれ方が載っています。

そのため店員さんに教えてもらった方法を忘れた時も、間違えて箱を捨ててしまった時も安心です。

ですが、簡単なので2〜3回で覚えてしまうと思います!

今回は1番深煎りカフェベロナだったので家にあるミルクとさらにはチョコレートと一緒にフードペアリングを楽しみました。

フードペアリングに関してはこちらの記事で紹介しております。

値段もお手頃で購入しやすい

店頭で買うのであれば

ライトノートブレンド、パイクプレイスロースト、カフェベロナはそれぞれ

6袋入ったものが税抜き670円で販売されております。

ディカフェは少し高くなりますが

6袋で税抜き800円です。

ちなみにライトノートブレンド、パイクプレイスロースト、カフェベロナの3つがそれぞれ1袋入ったアソートセットというものも用意されています。

これは税抜き380円と他のものよりも安く、試しに購入してみるのにぴったりなのではないでしょうか?

どんなコーヒーが好きなのかまだわからない方はこれから始めるのをおすすめします。

またプレゼントにも最適です。

相手のコーヒーの好みがわからない、抽出器具がわからない場合も誰でも、どこでも使うことができるので相手を選ぶこともなく、おしゃれでもらった相手も嬉しくなると思います。

ちなみにライトノートブレンドは店頭で提供されるドリップコーヒーにはなく、コーヒープレスサービスでしか飲むことができないので希少性も高いです。

ぜひ試してみてください!